自動車保険の種類と中身

自動車保険の種類と中身

自動車保険には大きく2種類あり、加入が義務付けられている自動車損害賠償責任保険、いわゆる自賠責保険と任意自動車保険(任意保険)に分けられます。
自賠責保険は万一の事故の時、被害者や遺族に払う賠償金を確保するためのものです。
保証される金額は、傷害で最高120万、死亡の場合最高3000万、重度後遺障害で最高4000万円です。
法律で義務付けられているので加入しないと車検も通らず、加入していても自賠責保険証を車に所持していなければ罰金になってしまいます。
車を動かすだけならこれだけで問題はありません。
ただ、自賠責保険は人身事故のときに適用され、車等の「物」や「自分自身の怪我」には一切適用されません。
また、上限額が決まっているので、それを超過した場合は自分で払わなければなりません。
そのために入るのが任意保険ですが、これにはいくつか種類があります。
事故で怪我をさせたり死亡させた場合に、自賠責保険を超える額を保証する対人賠償保険。
他人の車や物などの損害に対する対物賠償保険。
運転者、同乗者問わず、車に乗っていた人を対象に支払われる搭乗者傷害保険。
単独事故などで怪我をした場合に支払われる自損事故保険。
相手が無保険だったり当て逃げされたり、といった「無保険車」との事故で十分な保証が受けられない場合の無保険車傷害保険。
偶然の事故で自分の車が損害を受けたとき、修理代が支払われる車両保険。
少し難しいかもしれませんが、基本的には「どんな事故で誰が、または何が」保証されるか、というだけのことです。
また、これらのいくつかをセットにしたものや、人身傷害補償保険と呼ばれる「完全保証タイプ」も販売されています。

保険料はその分割高ですが、補償は十分です。

関連ページ

自動車保険の掛け金
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。
自動車保険の保障内容と範囲
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。
自動車保険の事故対応
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。
自動車保険の免責事項と解約手続き
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。