自動車保険の保障内容と範囲

自動車保険の保障内容と範囲

自賠責保険で保障される範囲は被害者のみであるため、自分のケガ、車などの「物」には一切保障がありません。
また自賠責にも上減額があるため、補えない場合があります。
そのため、任意保険と組み合わせる人が多いようです。
任意保険でそれぞれ保障される内容をご紹介します。
まず自賠責に近い範囲の対人賠償保険。
自賠責の上限額を超えた場合に支払われ、また事故の過失に関わらず減額がありません。
ただし、この場合に支払われる対象は、あくまでも「他人」に限られます。
続いて車や物への賠償責任を負った場合に支払われる対物賠償保険。
これも相手側への保障です。
では自分への保障はというと、搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険が該当します。
搭乗者傷害保険は、搭乗中の人のケガに対して支払われます。
搭乗者には同乗者も含みます。
主に単独事故などで怪我をした場合に適用される自損事故保険は、対人賠償保険とセットになっていることが多いです。
車両保険に契約しておけば、自分の車の修理代が保障されます。
車両保険には単独事故や当て逃げなど、保障される範囲によっていくつか種類があります。
自分が対人賠償保険に加入していても相手は加入していない場合もあります。

この「無保険車」との事故の場合には無保険車傷害保険が支払われます。
以上の保険を個別に加入することもできますが、セットで加入する方法もあります。
対人、対物、搭乗者障害、自損事故、無保険車障害、車両保険6つセットのSAP。
SAPから車両保険を抜いたPAP。
対人、対物、車両いずれかと他の保険との組み合わせのBAPの3種類です。
車は持ってないけどレンタカーには乗るという人にはドライバー保険があります。
ドライバー保険も複数の保障があるセット商品です。
保険そのものの範囲のほかに、契約者の家族にも保険を適用させる保障状況の範囲を広げることも可能です。

関連ページ

自動車保険の種類と中身
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。
自動車保険の掛け金
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。
自動車保険の事故対応
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。
自動車保険の免責事項と解約手続き
自動車保険には2種類ありますが、各保険会社が提供している任意保険は自分に合っているでしょうか。保証内容を理解しないままに加入を継続していると、必要以上にお金を払ってしまっているかもしれません。